www.pardela-pies.com

経験の浅い方向けのFXの情報では、「損失が生じた場合はナンピンすることでポジションの買い付け価格を抑える」等記述されている事もありますが、ナンピンにはかなり大きな引っ掛けが待っています。まずはじめに、ナンピンの原理に関して手短に述べておきます。一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いということで、ドル高になれば黒字が出るわけだが逆に1ドル95円まで円高ドル安に向ってしまったとします。そのままの状態で所有し続けたら、損がなくなるまでには、損失分、ドル高に向わなければなりません。みんな、損は早急にリカバリしたいと考えるでしょう。この状況を変えるためはじめに取引したのと同額分のドルを、1ドルを95円で取引します。それで、ポジションの平均のコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。これで、2円50銭の幅でドル高が進むと、赤字を取り戻す事が出来ます。それが、ナンピンの仕組みです。こういうふうに、ナンピンの理屈をみると、「納得だ」という考えになるがそう容易には上手くはいきません。もとより、95円が下値だということなどなんびとも分かるはずがありません。もし、外国為替市場が相当の円高ドル安傾向だったら1ドル95円では収まることなく一段の円高ドル安に向う危険性はあります。たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いを入れた分についても、損が生まれることになってしまいます。その状態では、最初に持ったポジションとトータルで、更なる為替差損を被ることになります。例示したとおり、ナンピンは難しいです。それならば、マーケットが自らのストーリー展開とは逆向きに素早く進んでしまった場合どういった対策で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。こういう場合には選択できる方法は2つしかありません。最初のひとつは潔く、損失を確定する事です。もうひとつの方法としてはその段階で、自分自身が保有している買いポジションを縮小することによって改めて相場が元のようになるのを大人しく待機する事だけです。相当消極的なやり方だと感じる投資家もいると思います。しかしながら、ポジションに損失が生じた場合最も効果のある術はそれ以外には考えられません。無論、机上では、ナンピン買いをするという方法もありえます。だがしかしナンピン買いは、マイナスになっている場面で買いポジションを縮小するどころか、買いポジションを積んでいく手法です。これでは、危機を避けることなどどこをどうやっても可能ではないと思ったほうかいいだろう。ナンピンをしていけば最終的には儲けが出るかもしれません。でも、そうなる先にお金が無くなってしまいます。

コンテンツメニュー