www.pardela-pies.com

今日は為替についての基本的内容とは何かについてのお話をしたいと思います。為替を簡潔に言うと「人の手で現金の送付をしない場合でも資金のやり取りの意図を達成するもの」を示します。概ね為替市場とはおおかた外国の為替を言っている場合がほとんどです。国際の為替とはマネーの取引のことを言います。外国へ旅行(スペイン、台湾、タイ、アメリカなど)などしたことがあれば、みなさん国際の為替のやり取りの経験があるはずです。銀行で他の国の金銭に換金するのは、それは為替です。為替市場とは何かと言うと、買い手と売ろうと思っている人の価格を言ったものです。銀行同士の間での取引の末に決まります。その銀行というのはマーケットメイカーと呼ばれる世界中にあるいくつもの銀行であります。為替のレートは様々な力を受けても休まず時間とともに変動します。為替レートを変化させて行くきっかけとしてはファンダメンタルズというのが考えられます。ファンダメンタルズの意味は経済状況、経済の土台とか様々な要素のことです。各国の経済成長や物価の水準、国際収支、失業者数、有力者の言葉等々の事柄が絡んで為替は変化するのです。ひときわ貿易収支と無就業者数は重大と思います。国際収支とは、日本の中では財務省の言いつけで日銀が日本外国貿易統計を基に作った他の国とのある期の取引を書き記したものです。こちらは中央省庁や日本銀行のホームページの中で見ることができます。労働者の統計、失業率も重要視されることが多い項目なのです。ことにアメリカ合衆国の雇用者の統計は影響を与えます。月一で発表され、調査の範囲が幅広い点が特色です。為替の状況はその国の経済の状況なのであります。経済活動の変化を調査することで為替のレートの状況の先読みが可能になると言えます。

コンテンツメニュー