ちょっとの期間で為替の差損にマイナスが膨らむこともあります

FXで投資する良いところは単独の投資商品であるにもかかわらず投資期間を短・中・長の3種類の中からどの期間をチョイスするのかということにより出資の手だてがまるっきり異なることにあるのです。

最初に外貨投資する「長い時間をかけるスタンス」に関して考えてみよう。

長期のスタンスは、一年以上の長期の投資が基本とされているのが普通です。

為替の相場で一年も先の為替レートは円高か、円安であるかを連想するということは、普通は難題に近いです。

ほとんどの場合「先の状況のことは見当もつかない」と考えるのが普通だからです。

予言もできないのに一生懸命に予言しようと思っても、そんなことは無理なものです。

したがって、外貨を買った場合、その時の価値よりも円高になったとしてもそのマイナス分は少し経てば円安に戻るはずだという程度の感覚で挑むものです。

差益を懸命に目指すことではなく別の方法での利益、つまりスワップ金利を大きくするのを、まず最初のゴールということでお金を預けましょう。

もちろん、ちょっとの期間で為替の差損にマイナスが膨らむこともあります。

そのためそういった損失が大きくてもさほど影響を受けないようレバレッジをなるべく少なめに設定することは必要です。

外国為替証拠金取引は、損が一定額以上広がると追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったり、あるいはストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

ロスカットを置いたら、早く売買を決済する必要があり、長期の投資はできなくなります。

このようなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍ほどでやり取りするのが良いでしょう。

2番目に中期の投資のケースの売買を見てみましょう。

中期投資においては2ヶ月位経った頃を推測しての売買を行うのです。

為替トレードの際は、1ヶ月くらい先のことは、おおかた先読み可能だと思います。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の各国の会議であったり為替の市場に参加している人たちがいかなる問題に関心を持っているかを確認してみれば、いくらか、見当がつくと思います。

このファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしながらなおチャートを確認することで為替の状態を理解できるようになり、売買をジャッジするべきです。

基本的に経済の状況とテクニックのどちらでも良い状況であり、もしくは買い傾向が同様であればほぼ思った通りに行くと思って良いでしょう。

そのような時はポジションを増やすことによって多くの利益を狙っていけるはずです。

第三に短期のトレードの狙いどころです。

ここでの短期のトレードはすなわちデイトレードを示しています。

為替相場でデイトレーディングを行う時は経済情勢は決して関係しないと断言できます。

なぜかというと次の日の為替相場の変化に、経済の状況は影響しないからです。

この時、一番のカギは大きな催し物がある際それに影響して為替相場がかなり変化する一瞬を見過ごさないようトレードすることです。

例を挙げるとアメリカ合衆国で雇用情勢が公表されるはたまた金利政策等により制作金利が変わるといったイベント。

こういう一瞬の変移を見逃さないとの理由から、短期トレードでは多様な知識が求められる。

コンテンツメニュー

    Link