破産の場合だと

民事再生という選択は住宅のためのローンを含め重債務に苦しむ個人をターゲットにしています。アコムおまとめローン審査は?借り入れの流れ【総量規制は?】

その人達の為に住宅を手放すことなく金銭管理において再建するための公の機関を通した債務圧縮の道としてスタートしたルールです。湯上りカラダ美人

民事再生制度には、自己破産制度とは異なり免責不許可事由がありません。キレイモ宇都宮の予約

浪費などで借金ができたようなときでも民事再生手続きは取れますし、破産宣告が理由で業務が行えなくなりかねない立場で生計を立てているような人でも制度の活用が可能になります。

破産の場合だと、マイホームを保有したままにすることは不可能です。

特定調停と任意整理では元金自体は払っていかなければなりませんので住宅のローンも払いながら返していくのは現実問題として困難だと思われます。

とはいえ、民事再生による処理を取れれば、住宅ローンなどのほかの負債はけっこうなものを削減することも可能になります。

尚且つ、住宅のためのローンを払いながら残った借入金を返していくことも可能ということです。

といっても、民事再生による整理は任意整理または特定調停などとは違って特定の借金だけを省いて手続きをすることは不可能ですし破産手続きにおいてのように借金そのものが消えてしまうのではありません。

それから、これ以外の手続きと比較しても若干めんどうで手間もかかりますので、住宅のためのローンを組んでいて住宅を手放せない時など以外の自己破産などのそれ以外の方法がない際の最後に考える解決方法と考えるのがいいと思います。

コンテンツメニュー

    Link