少なからず走行距離は

自分の車の売却額を少しでも上乗せするには、、車を売却時期、タイミングなども大事なポイントです。

所有する自家用車をできるだけ無駄なく売ろうと配慮すれば、数点の注意点がある訳です。

自動車の売却額査定の留意点として重視される点に走行距離がまず考えられます。

少なからず走行距離は、車の寿命とみなされることも多くありますので走行距離というのは長いだけ、買取査定にとってはマイナス面になるでしょう。

走行している距離が500キロと4万キロでは当然、査定対象車の売値金額は評価がことなります。

一般的には走行距離だけで見れば短いとそれだけ愛車の見積額は上がりますが実際のところそれほど細かい目安は存在しなく、決められた目安で査定されます。

例えば、普通車ですと年間で10000kmを基準としてこの線を超えていると一般的にマイナス査定になります。

軽自動車だと、年間で8000キロがまた年式が古いのに距離がとても小さいという場合でも買取額が高値になるというわけでもありません。

基本的には年式と走行距離に関しての見積査定のポイントは、年式にたいして適した走行距離になっているかというところです。

自家用車もそうですね。

その車の経過年数も、自動車見積査定の重要な注意点です。

しっかりと把握しているといった方も多いと思っていますが、基本的には年式に関しては新しければ新しいほど査定をする上で有利なのですが、ごく稀にそれに特別な価値がある車種は昔の年式であっても高く査定してもらえることもあるのです。

二つ目に、車検も重要です。

周知の通り車検というものは現金が必要ですので車検に出すまでの残り期間が長いほど査定額は上がると思うと思いますがそのようなことはなく、車検時期がいつであろうと自動車の査定額にはあまり響くことはありません。

外国の車、ローライダー傷がある車、といったような車種のコンディションや形式も査定額に影響を与えます。

車検前は売り時としてもタイミングがいいということになります。

逆に、売却額を高額にするために車検を受けてから査定を頼もうと考えるのはお金と手間がかかるだけであまりプラスに働かないということになります。

それから買取業者にマイカーを買い取ってもらう時期として2月と8月が狙い目と言われている時期です。

というのも、自動車買取店の決算期が3月と9月になっているところが多くあるからです。

そのため例えば、1月に売ろうと思ったらもうちょっと待って2月に車の買取査定を専門店にお願いして売るのも良い方法です。

あなたの事情もあるので、一概にこうした時期に売るなどというわけにもいかないかもしれませんができるならこのような時期に売りに出すのがよいかもしれません。

コンテンツメニュー

    Link